ここでは、作者がものごころつく前に活躍した戦後の商船を紹介します。

ぶれーめん丸(ぶれーめんまる)

大阪商船三井船舶の欧州航路高速ライナーとして昭和41年に竣工しました。総トン数11,605トン、重量トン数11,521トン、全長166メートル。高速を出すために船体はスマートです。画期的な高速貨物船でしたが、コンテナ化の嵐の前に姿を消しました。荷役装置はデリックとクレーンの混載で過渡期的な印象を受けます。姉妹船はすべてBで始まる船名で、Bクラス船と呼ばれていました。昭和58年海外に売却。  

ジャパンアンブローズ(JAPAN ANBROSE)

ジャパンラインのニューヨーク定期船として昭和47年に竣工、総トン数33,287トン、コンテナ積載数1,569個(20ft換算)、全長228メートル。これだけの大きさの船で、機関は蒸気タービン1基1軸です。ジャパンラインの船の模型は2隻目ですが、コンテナ船は初めてです。緑の煙突がきれいです。船としてはこれで完成ですが、オンデッキのコンテナがないとやはり間が抜けますね。

コンテナ3段積み

そこで、オンデッキのコンテナ3段積みを作りました。やっぱりコンテナ船はコンテナを積んだ姿のほうが美しいと思います。コンテナは余っていた木に色紙を貼り付けて作りました。その結果、紙でできた船よりコンテナのほうが重いです。

黒潮丸(くろしおまる)

昭和22年6月30日に竣工した東海汽船の東京―八丈島航路船です。

総トン数496トン、全長52.9mと小型です。有名な「小型客船28隻組」の中の1隻です。

昭和49年12月解体のため売却。